好きな着メロ

チェス

今は1人に1台は当たり前の携帯電話。街中や電車の中など、至るところで今携帯電話を使っている人がいます。 電話以外にメールやインターネットの閲覧、ゲームなど様々なことが1台で出来るため、これだけあれば何でも出来てしまうような気もしますね。メールや、電話、着メロは、携帯電話の普及された頃からありますが、特に大きな変化を経ているのは着メロではないでしょうか。 当初は、まだその当時の着メロは、今のようにダウンロードをして入手するのではなく、自分の手でメロディを入れていく必要がありました。オリジナルメロディから、それこそアーティストの曲の楽譜や歌を耳でコピーし、それを携帯に地道に打ち込んで着メロにしたものです。

直接打ち込んでいく時代を経て、やがて着メロの配信サービスが始まりました。 それは瞬く間に広がり、欲しいアーティストの曲を手軽に着メロとして流すことが出来るようになりました。この配信サービスは時代とともに改良されていき、初めは3和音程度のメロディでしたが、しだいにリアルに近い音質になっていきます。今では着メロの域を超えて、CDを聞いているのと変わらない着メロが主流になってきています。 既に着メロは、CDと変わらない音質に変わってきていますので、今後企業がいかに変えていくかとなると、サービスの売り出し方で変わっていくと思います。月額で着メロとり放題や、アーティストごとに曲を一括でダウンロード出来るなど、今後の進化に期待が膨らみます。